その他 ソフトトップ ボディ ロードスター 機関系

NBターボの復活

熊本KさんのNBターボ。

今年の初め、阿蘇で電信柱と大きな岩にごっつんこ。
フロントバンパー、ボンネット、フロントクロスメンバー、下回りのステアリングギア周辺をヒット。

ごっつんこレベルではなく・・・。

上の画像はボディの方が修理完了になる直前のもの。

衝突直後のものもありますが、あえて控えておきましょう(-_-;)

ボディフロント回りはパーツが揃いましたのですんなりだったのですが、下回りが・・・。

その岩にヒットした跡。

外してみると、ご覧の通り・・・。

ここのパイプくらいは大丈夫だろう。

最悪ターボなしのNBで行けるはず。
で、一応ターボで探しましたが、無い無い。

パイプはどうも共通のようで少し安心していたのですが、肝心の本体であるギアボックスは調べたところターボだけは別物のよう。

外見だけでは、ダメージのある箇所は無く再利用で行けるかも・・・と思ってましたが、運転する上でとても重要な操舵装置ですので、念のため交換することに。

で、新品はというと・・・。廃盤。

焦って中古を探すと、「全国どこにも無いですね~」と。リビルトも、ターボ用は無し。

とりあえずリビルト先に送ってみたところ、やはり、内部に小さな凹みが生じており、通常の流量の数値とは異なり使用は無理かも。うちでも部品は揃いません・・・と。

交換の方向で動いて良かったと思いましたが、使えるものがありません。何度もターボなしとは違うのか、確認したのですが、微妙に違うとの返答でした。

まさかターボなしの方を使うわけにはいかず、どうしようか・・・。

とりあえずノンパワステでもあれば転がすことは可能になるな~でも在庫があるのかどうか・・・。

仮にあったとしてもNBの重ステはかなり重いらしく・・・。

そこで、インテグラル神戸さんの電動パワステを思い出し、問い合わせてみると、NBターボも行けますよ!とのこと。なんとなくゴールまでの道のりが見えてきました。

しかし肝心のノンパワステは、純正は入荷が10月以降。

もしかして!と思いマルハモータースさんに聞くと1本あります!即注文でした。

曲がったクロスメンバーを外します。

エンジンを吊り、浮かした状態でメンバーをスライド。

外したクロスメンバー。左側が明らかに押されてます。

こちらが正常なメンバー。
そして、遂に到着しました。

ノンパワステギアボックス。まるで名刀を賜るかのような画。

私のNAにも欲しい一品です。

早速、メンバー、ギアボックスを取り付けます。
その前に、せっかくなのでエンジンマウントを新調。

こちらが古いもので。

こちらがNEW。

メンバー、ギアボックス、取り付け完了です。

旧パワステを撤去で、これだけのパーツがエンジンルームから姿を消しました。

スッキリです。

こちらは新品のインタークーラー。これはパーツが出ました。ホッとです。

コンデンサー、ラジエターまでダメージがあり交換。バンパーから見えるインタークーラーがたまりませんね。

いよいよ、電動パワステの取り付けです。

STD、スピードウェイモデル、ジムカーナスペックと3種類あるのですが、オーナxxxーさんと相談して、

油圧より若干重く、100KmでアシストOFFになるSTDをチョイスしました。

こちらが純正のステアリングシャフト。

既に取り付けた後ですが、こちらが電動パワステコラム。

なかなかの重さでした。

こうして、無事「走る」ことが可能になり、

アライメント調整へ。

勿論テスト走行も行いました。

一般道から高速まで、およそ100キロ近くテスト。

全く問題なく、お渡し出来る状態になったのを確認。

工場に帰ってきました。

どうです?自信ある顔に見えません?

色々ありましたんで、写真撮りまくりです。

ターボはやはり限定車ということもあり、ステアリングギアボックス以外も細かい部分でパーツに悩まされ時間が掛かりました。

昨日引取りにこられ、大雨の中帰って行かれたオーナーさん。
熊本に着くとすぐに連絡をくれました。

「走る喜びを感じました!」

仕事として終えた嬉しさも勿論ありますが、数か月、大好きなNBターボに今一度乗ることが、出来るのか否か不安だったオーナーさんが無事にそのNBターボで帰ることができ、楽しかったと。。

最高ですね。普段あまり飲まないのですが、珍しく帰って晩酌ってもんをしてみました。

私たちにとってもいい経験になり、次に生かしていきたいと思います。

ありがとうございました。

-その他, ソフトトップ, ボディ, ロードスター, 機関系
-, ,