ロードスター 機関系

NA8Cレストア(エンジン編)

以前ちょっと登場してもらいました、20年以上にわたり所有されてらっしゃる

オーナーさんのNA8Cシリーズ1です。

エンジンルームの塗装、足回りリフレッシュ、エアコンリフレッシュなど

同時進行でしたので時間がかかりました。まずはエンジンオーバーホールのレポートから。。

因みにエンジンは、オイル消費過大が深刻な状態でした。

真ん中の画像はクランクシャフト前方。オイルパンのパッキンからの漏れが激しいです。

珍しくブロック上面にも歪があり、ガスケットが抜け掛かってました。

取り出したピストンたち。カーボンがびっしりです。

クランクシャフトの振れは標準値内。

ヘッドは最小研磨、シートカット、すり合わせ済み。

バルブは全て新品へ。右の画像、新旧の比較です。古い方が薄くなってるの分かります?

バルブスプリングも新品。そしてオーナーさんに許可を得、高額の新品純正HLAに。。

軽く10万超えますからね。一応了解を。

シリンダーブロックは上面研磨、ボーリング、ホーニング済み。

純正コンロッド。手に入りました。当初、3本しかありません・・・。納期は7月だと。

ガックリ。さすがに7月は待てない・・・。

悩む数日の間に別の作業を入れ、気を取り直してダメもとでもう一度在庫確認。

すると、どういうわけか7本に。。即注文でした。確認して良かった!

0.5mmオーバーサイズのピストン、そして新品コンロッド。

メタルはマルハさんのパワーメタルを使用しました。プラスチゲージにて確認。

オイルポンプやクランクプーリーも新調。画像はありませんが、勿論ウォーターポンプもです。

ウォーターホースやセンサー類も全て交換。特にエンジン背面は手が入りにくいので

やれることはやっておきたいところです。

インジェクターも今後20年?を考え交換。

バルブをアップで。。

ちょっと飛びますが、組み上げ完了です。そうそう。カプラー類、触っただけで割れる箇所が・・・。

上の画像はエンジンを降ろす際に初めに触ったカプラーだったのですが、いきなりパキッ!

純正では出ませんが、探せば出てきます。

エンジンルームに戻りました。只今、慣らし中です。

因みにオーナーさん、このNAにしか乗ったことが無いそうで、

今回は新たに新車を購入するつもりで・・・とのこと。

私もエンジンオーバーホール、思い切りさせてもらいました。

また新たな時間を刻み始めるきっかけとなるわけで、とても光栄なことだな~と実感。

本当にありがとうございます。

次はエンジンルーム塗装のレポートでしょうか。。またタイミングみてアップしますね~。

-ロードスター, 機関系