エアコン ビート

ビートエアコン

エアコン修理、多いですよ~。

ビートもですが、今週はロードスターのNA、NBが2台と、880コペンの

エアコン修理が入って来てます。

コペンはまだ新車の感覚でしたが、そろそろ

メンテナンスが必要な年式になって来たんですね。

先週も3台のビートを納車しましたが、それぞれ、全てエアコン修理が

メニューに入っておりました。車検のついでにエアコンを…という感じですね。

で、3台中2台はなかなかの強敵でした。

30年選手。もう、いつも通りには行きません。

1台は配管、ホースの洗浄でキレイになった・・・。と思ったら

どうも違和感が。見慣れない浮遊物があります。

一度は、左のようにクリアになったのですが、その違和感が引っ掛かり、

もう一度洗浄すると、「ゴボッ!」といって右のように多量の異物が・・・。

こんなことは初めてでした。念のためもう一度繰り返しておいて

良かったです。こんなのがコンプレッサーに入ったらと思うと。

ゾッとしますね。かなり念入りに洗浄しました。

もう一台は、全ての作業が完了してさあガスを入れようとしたら

コンプレッサーのクラッチが入らない。

ファンはちゃんと回っていてプレッシャースイッチは問題なし。

クラッチのリレーかと思い、外して点検も問題なし。

このリレーも本来あるべき場所になく、ファンリレーと入れ替わっていたりして

混乱・・・。今までに色んな人たちが触って来てるはずですので、

定置にありません・・・。本当に大変です。

で、結局リレーからECU、そしてECUからアースに落ちる途中で断線。

初めての経験でした。上の画像はH2工房さんから頂いたもの。

復活して無事、エアコン作動・・・と行きたいところですが、

またまたクラッチが入らない。「ん~・・・」

前回と違い、今度はファンが回ってません。

まさかプレッシャースイッチ??

直結するとクラッチが入りました。

さっきまで問題なかったプレッシャースイッチが今度は不動に・・・。

うちのストックと交換し、問題なく作動。

これでや~っと完了となりました。

いや~・・・本当に一筋縄では行かなくなる事例が増えて来ました。

明日からも頑張りますよ~。

-エアコン, ビート